August 31, 2004

ゴーヤ爆弾

机の上に置いてあったゴーヤが爆発していた。
おそるべしゴーヤ。
いためるとおいしいぞゴーヤ。

ゴーヤの種って真っ赤なんですね。
知りませんでした。

投稿者 furu : 05:16 PM | コメント (0)

糸うり

URI.jpg
これは糸うりです。
そうです、今日は店がとても暇なので、仕込みもせずこんなことばっかりやってます。
楽しい。
夫の母方の実家が下関にあり、夏になるとそこから送られてきたというので夫はよく知っている、この一風変わった瓜。
今回のこれは近所の方からいただいたものです。
さて、食べたことはあっても調理法があやふや。とにかく輪切りにして茹でて水に取ればいいらしいのだが・・・

URI2.jpg
夫曰く、たぶんまだ熟れていないんだろう、の言葉通りか、皮がものすごく固い。かぼちゃより固い。
長さ30センチ直径17、8センチはあろうかというのを強引に輪切りにして、寸胴鍋で煮る。
いつまで煮ればいいのか、初めてなものだから臆病になって、透明になったあたりよりも長く茹でてしまった。
水に取ると、ばらばらと糸状にほぐれる。これが、瓜そうめん。
URI3.jpg
そうめんというくらいだから、と去年いただいたお中元のだしつゆをかけて食べてみた。
ば・・・ばずい・・・。
茹で過ぎたのもいけなかったが、だしつゆというのが更にいけなかった。
ただでさえ甘ったるいものを、炭水化物と合わせるならまだしも、野菜と合わせると劇的に不味い。
出汁醤油をかけてなんとか復活。でも水で洗っちゃってるせいもあって瓜自体に味がないから、おいしいというようなものでもないな、と夫を見ると、醤油をかけておいしそうに食べている。
「おいしい?」
「うん。なつかしい」
なるほど。これってたぶん、そういう風物詩的な食べ物なんだ。思い出も味のうちなのね。
食のそういう部分を尊重することって大切だよとしみじみしながら、おかわりを勧めると、
「いや、もう十分です」。おっとっと。
確かにたくさん食べるようなものではないけど・・・茹で過ぎちゃってごめんなさい。

投稿者 noz : 12:38 AM | コメント (0)

August 30, 2004

花オクラ

OKURA.jpg
これは、オクラの花です。
実を待たずに摘み取ってしまうのだからちょっぴり贅沢なものなのだそうだ。
といっても花5つで100円。あんまりきれいだから買ったけど、どうやって食べるんだろう?
簡単に想像できるのは、イタリアでみるズッキーニの花のフライ。
じゃ、これもそうしてみよう。
えーと、コツのいらない天ぷら粉は・・・(思いっきり和テイスト)

OKURA2.jpg
こんな感じになりました。
芯のあたりがオクラらしくトロッとした食感だ。そしてほんのりと甘い。
パラパラと塩をふっていただくと、なかなかおいしい。
夫は花びらの食感がマロウに似ていると指摘した。
なるほど確かに。でもマロウはハーブティーの中でもかなりの高級品、オクラと比べていいのかなと私が疑っていると、夫は花オクラに湯を注ぎレモンを入れて、マロウのように水色が変化するか実験を始めた。(結果は夫のエントリーを待つ)
オクラティー、仄かな花の香りがなかなかよい。といってもほとんど湯の味だが。蜂蜜を入れるとぐっとティーっぽくなる。
湯の中でくったりした花オクラは、少しとろみがあって、ふしぎな食感だ。
きっとスープに浮かべてもおいしいだろう。目に美しく繊細なものになるに違いない。

投稿者 noz : 11:45 PM | コメント (0)

August 28, 2004

ポテトチップ

200408230011.jpg
ただのポテトチップスではない。
一ヶ月ほど前にAKiさんが持っていたポテトチップス、コストコで買ったという呆れるほどBIGサイズのポテトチップス、もちろん原産国名はアメリカ合衆国である。
私はポテトチップスが好きではなかった。ベタベタと脂っこくて食後感が悪いからだ。
「ポテトチップ食べる?」と聞かれると「そんなものいらない」と答えるのが常だった。でも、それは昔の話、AKiさんが持っていたポテトチップスによって、私は開眼したのだ。
ぱりぱり....ではない、香ばしくバリバリッ、とした歯応え、シンプルな塩だけの味。ポテトチップス食べるならああいうのがいいなあ、という思いは時が経つほど強くなった。AKiさんに頼んで送ってもらおうとさえ思った。しかし、私はあのポテトチップスのパッケージを記憶していた。そして再びそれを手にすることができたのだった。

200408230012.jpg
それは「やまや」という酒屋にあった。洋酒と保存食材を輸入販売している会社の店舗で、あちこちにあるらしい。
目的は酒の買い出しだった。輸入菓子の棚の前を足早に通り過ぎようとしたその時、赤い袋の残像が私を引き留めた。もしやと閃いて振り返ると、そこにはTim'sというメーカーの、あのポテトチップスが並んでいたのである。私は半ばよろめきながら棚に近付いた。久しぶりに友人と会うより嬉しかった。
そこにあったのはBIGサイズの袋ではなく、85g入りの小袋だった。でも私にはちょうどいい。一袋105円。塩味の他に、サワークリーム&オニオン味、ガーリック&チーズ味、ブラックペッパー味があり、私はその全てを3袋ずつ買い物かごに入れた。それからというもの、折を見つけては一袋ずつ、ペロリと平らげた。今日はその、最後の一袋。
やはり塩味がおいしい。他のはどれも、やけっぱちに感じるほどフレーバーが濃くてしょっぱくて、何を食べてるのか分からなくなる。
おいしさの秘密はチップの厚さだけではなかった、よく見るとどうやらこれは皮付きポテトらしい。
写真でお分かりいただけるだろうか。
それに原材料名には、植物油ではなく、ピーナッツ油とある。
皮付きポテトを厚めにスライスしてピーナッツ油で揚げるとこんなにおいしくなるのか・・・
今度作ってみよう。そこいらで売っているものよりおいしいポテトチップスが作れたら、ビールもググッと旨くなるに違いない。

投稿者 noz : 07:40 PM | コメント (2)

S.PELLEGRINO

pellegrino_1.jpg

最近、こんなもんを飲んでいる。SAN PELLEGRINO イタリアの発泡ミネラルウォーターだ。
ちょっとがさばるけれど、冷蔵庫にいれておけば、いつでも冷えてるのがシュワッと飲める。

例のコストコにあったので買ってきた。750mlのビンが12本で1,980-円である。一本あたり165-円、とにかくビール風飲料の半値っていうところだ。いつもならビールを.....というのが習慣だったが、これは健康にいい、美容にいい、肝臓にいい.....とのこと。

投稿者 AKi : 04:19 AM | コメント (0)

August 23, 2004

スキレット

20040823001.jpg
ウチで使っているスキレット。
スキレットは、ダッヂオーブンをフライパンにしたようなものです。
これは9インチサイズで直径23センチ、重さ2300グラム、カバーは1380グラム、ちょっと重いけどなかなかのスグレモノです。

20040823n.jpg
スキレットカバーの内側はこんな形。
たとえば塩とローズマリーで下味をつけ水気を拭いた鶏の腿肉、スキレットを煙が出るまでプレヒートしたら火を弱めて少量のオリーブオイルを敷き、皮の側から、ちょいと粗塩をふって焼く。じゅわっと弾けたところをすかさずカバーして気持ち火力を上げる。ジュワジュワ~ジュワジュワ~と、蒸気となった肉汁がカバーの内側の突起を伝い肉の上に落ちて再び弾ける音がする。数分で、香ばしさを纏いはじめた肉の香りが漏れてくる。カバーをはずす。ブアッと蒸気が上がる。肉にほぼ火が通っているのを確認する。少し火力をあげて、皮が旨そうな黄金色になるまで焼き付ける。ひっくり返してちょっとだけ焼いたら、皮を上にした状態で皿に取る。レモンをカットして添えてもいい。
皮の上からナイフを入れると「パリッ」と音がする。スキレットを使うとそんな風に焼ける。

グリルパンのほうは、たとえばズッキーニをグリルするとこんな感じ。プレヒートしている間にズッキーニを輪切りにしてオリーブオイルでマリネしておく。煙があがったら火力を下げて、じっくりと焼く。ズッキーニの表面に透明感が出てきてうっすら汗をかきはじめたらひっくり返す。きれいな線の焼き目が付いている。少し火力を上げて裏面にも焼き目を付ける。つやつやで旨そうになったら皿に取り、塩なりアンチョビソースなり、アクセントを少しつけて味を締める。
なにしろズッキーニが、甘い。それに見た目がキュートだ。
そうそう、グリルパンにサツマイモを放り込んで、カバーして弱火にかけて放って置くだけでも、石焼き芋なみのおいしさに焼き上がる。甘〜い香りが漂ってきたら一度上下返す。台所中が甘〜い香りになったら出来上がり。皮に近い円周部分が皮と一体になって空気層ができている。中心部は黄色く光って、期待通りに甘い。

スキレットだけでなく、フライパンは、絶対に洗剤で洗わない。
冷めないうちに、お湯で洗う。たわしでざっと洗った後、木綿の布でこするようにして洗うときれいになる。使いはじめの頃こそ、洗うたびに焼いてオリーブオイルを付けて拭いていたが、油が馴染んでしまえばその後は水気を拭き取っておくだけでいい。
それから、鍋底をこする道具には、木べらが使いやすい。金物は鍋を傷つけるし、熱くなる。プラスチックのは、うっかり鍋の淵で柄を溶かしてしまうことがあるし、やわらかくて力が入らない。その点、木べらは熱くならないし力も入りやすい上、鍋にやさしい。
フッ素加工のフライパンだって、傷つけずに使えば性能を長持ちさせることができるだろう。
アルミパンは茶色くなりやすいので、洗剤をつけないでも磨ける目の細かい研磨スポンジで汚れを落としている。でもあんまり神経質にならない。夫曰く、「この、茶色くなった鍋で作るのがうまい、ような気がするんだよね」。
新婚の頃こそ、そんな意見に私は大反対で、使うたびに鍋は金タワシとクレンザーでビッカビカに磨いていた。まったく、指と鍋肌をぼろぼろにしても、そうするべきだと思っていた。
でも今は、夫の意見に賛成している。使い込んだ鍋は美しい。

投稿者 noz : 07:11 PM | コメント (6)

August 20, 2004

魔法のフライパン使用記

flyingpan_3.jpg

「魔法のフライパン」26cm が錦見鋳造からやってきた。佐川急便の代引き、11,400-円也であった。

早速、自宅のガスレンジ上にて使っている。
「魔法のフライパン」を使うと「魔法のように」料理が美味しくなる、というわけではない。

重さについて言えば、最初重そうに見える鋳物製が予想に反して軽いのでびっくりするが、すぐ慣れてしまうのが不思議(残念でもある)だ。使ってみれば、とにかく、のっけから焦げ付くこともなく、把っ手が熱くなることもなく使える。

表面を観察すると、普通の鉄板製のフライパンと異なって、鋳物のフライパン表面が明らかに多孔質という感じだなのだ。
〔取り扱い上の注意事項〕に「こげついた場合は、きれいに取り除いた後、煙が出るまで空焼きをして、火を止めてください。その後、直ぐになべ底より1cmほど油を入れて冷ましてください。もとどおりになります。」とある。
家内が「新しいフライパンは最初空焼きをするものだ」なぞと言っているので、焦げ付いたわけではないが、その工程を試してみた、空焼きして、熱いフライパンに油を入れてそのまま冷ましてみた。
計ってみたわけではないが、明らかに表面の油が減った感じで、フライパンの内部に滲み込んだ感じがする。

このフライパン、台所にある当たり前のフライパンになって「魔法の......」を意識することもなくなる予感がする。そんなどうということもない、自然になじんでしまうという「いい道具」の持っている「素直さ」みたいなものを感じるのだ。

その時、パラパラ炒飯も、とろけるオムレツも当たり前の料理として、ここにあるんだという気がするのだ。


●実物を手にしないと分からないが、側面の傾斜が強いので直径26cmにしては小さめな感じである。ちょっと高いけれど、どうせならワンサイズ大きい28cmの方が良かったかなと思っている。

錦見鋳造(株) ■魔法のフライパン&北京鍋■

投稿者 AKi : 09:36 AM | コメント (2)

August 17, 2004

魔法のフライパン /2

ついに、あの「魔法のフライパン」がくることになった。
約束通り、注文してから四ヶ月半待ったが、ついに、明日発送されるのだ。

楽しみである。

続きを読む"魔法のフライパン /2"

投稿者 AKi : 04:14 PM | コメント (0)